青汁を未経験の人に勧めよう

青汁を未経験の人に勧めよう

栄養分が多いから、摂取した方がいいとされているのが青汁です。

 

ただ、飲んだことのない方は、苦いものと思われているために、飲んでくれる可能性が低いのです。

 

栄養があるからといっても、青汁は苦いものというイメージを、CMなどで植え付けてしまったことから、そうしたイメージを払しょくすることができなくなっています。

 

栄養分を確保したい人のために、どうやって青汁を勧めるか、人によっては考えなければなりません。

 

基本的に、苦いと思わせないようにする工夫が大事になります。

 

苦みが強いとされているドリンクですが、最近の青汁を飲んでみれば、全然そのように感じないことだってたくさんあります。

 

特に、青汁は抹茶の味が好きな人には、飲みやすいと感じることも多くなっています。

 

近年はメーカー側も工夫をしており、より飲みやすいものを作ろうと工夫しています。

 

昔から味の変わっていないものより、最近飲みやすくなったものを宣伝するといいです。

 

栄養が足りなくて困っている人のために、青汁を勧めてみようかなと思っている場合は、飲んでみることで実感してもらえばいいと思ってください。

 

困っている人を助けることができれば、青汁仲間を増やすことができます。

水筒に青汁を入れて出掛けます

 

私は仕事場に水筒を持っていきますが、その中身は青汁です。

 

冷蔵庫でキンキンに冷やしたミネラルウォーターで青汁の粉を溶かして水筒に入れて持ち歩いています。

 

最近の青汁は本当に美味しくて、普通のお茶を入れるよりも美味しくいただくことができるので、毎日そのようにして青汁を飲んでいます。

 

家にいる時も、コンビニで買ってきた氷をグラスに入れて、そこに青汁の粉を入れて、その上からミネラルウォーターを注いで、オンザロックで飲んでいます。

 

暑い日にはものすごく美味しいです。

 

青汁は野菜不足の日々の食生活にとって貴重な野菜源ですし、食物繊維を取れる大切なものです。

 

日々、便秘気味の私には大切な食物繊維ですし、飲んでいて美味しいと感じることが何よりも嬉しいです。

 

仕事の合間に喉が渇いたときに水筒で青汁を飲むのですが、すごく美味しいです。

 

リフレッシュできて気分転換にもなります。

 

ちょっとだけ、ほーっとできるので青汁を持って仕事に行くことは私にとってとても大事なことです。

 

ランチタイムにも青汁を飲んでいて、食事のお供にもとってもいいです。

 

水筒で冷やしていますが、冬はホットにして飲みたいと思います。

 

きっと冷たい青汁に負けないくらい美味しいと思います。