便秘解消だけじゃない!青汁の効果

便秘解消だけじゃない!青汁の効果

青汁というと、「便秘解消効果」を真っ先に思い浮かべる方が多いと思います。

 

しかし野菜の恵みを、ギュッと凝縮したのが青汁です。

 

医薬品のような即効性はない反面、その効果は実に幅広く広がっています。

 

便秘解消に埋もれ、目立たなくなっている効果をいくつかご紹介します。

 

まず初めに挙げたいのが「薄毛改善効果」です。

 

最近は男性のみならず、女性も悩まされる方が増えている薄毛。

 

男女共に男性ホルモンが優位になる事により、引き起こされるケースが多いです。

 

そのためホルモンバランスの調節に、眼が行き勝ちになりますが、実はそれより大切な事が…。

 

それは「血流改善」です。

 

発毛から脱毛までの流れをヘアサイクルと呼びますが、薄毛の方はこのヘアサイクルが乱れています。

 

成長期の髪が育たず、細いまま抜ける…このような悪循環に陥っています。

 

改善には髪がシッカリ育つよう、毛根に栄養が供給される必要があります。

 

そのためには、十分な血行が必要です。

 

青汁に含まれるビタミン・ミネラル類、鉄分、ポリフェノールは、血行を改善する効果があります。

 

例えばビタミンB類はエネルギー代謝の促進、ビタミンEは血行促進、ポリフェノールは毛細血管の拡張を促します。

 

その効果は、青汁を飲むと体が温まる感覚を覚える方がいるほど。

 

薄毛の方で、頭皮が冷たい方はぜひ青汁を。

 

毛髪が復活しますよ。

 

また、美白に手応えを感じる方も多いです。

 

これも青汁の血行促進効果のなせる技です。

 

血色が良くなり、肌のくすみが消えたため、白くなったように感じるのです。

 

次に青汁の効果として挙げたいのが、「アレルギー症状の緩和効果」です。

 

最近の研究において、アレルギー症状における腸内環境の大切さが、徐々に解明されつつあります。

 

食物繊維の摂取により腸内環境が改善されると、免疫機能を司る機能が活性化。

 

アレルギー物質への抵抗力が高まる事が分かってきました。

 

アトピーや花粉症に悩まされている方は、一度お飲みになってみて下さい。

 

青汁の「睡眠改善効果」も、ぜひ着目して欲しいです。

 

これはギャバ(GABA)という成分によります。

 

ギャバは野菜に多く含まれる成分で、脳内にて、神経の興奮を抑える役割をします。

 

更に青汁には、トリプトファンも多く含まれています。

 

こちらはリラックスホルモンと呼ばれる、セロトニンの元となる物質です。

 

体内に十分ある事により、副交感神経の働きが良くなります。

 

寝付きが悪い方は、眠る前に青汁のお湯割りがお勧めです。

 

ホットミルク割にすれば、ミルクの安眠効果も、味方につける事ができますよ。

 

いかがでしたか?あなたも青汁を日々の生活に取り入れ、長年の悩みから解放されてみて下さい。