青汁を選ぶ際のポイントとは

青汁を選ぶ際のポイントとは

青汁は色々なメーカーから発売されており、そこに含まれている成分もメーカーごとに違っています。

 

というのも青汁にはこの成分が入っていないという決まりがないからで、何種類もの野菜などが含まれていれば青汁として発売できるからです。

 

ではどの青汁を選べばいいのかといえば、そこは個人の好みの問題になってきます。

 

青汁の主な主成分としては、ケールや大麦若葉最近ではゴーヤなどがあり、飲みやすいように抹茶やフルーツを多く含んでいる青汁なども発売しています。

 

ですが苦い青汁は飲めないという人もいれば、苦い青汁の方が健康に良いように感じるし苦い青汁こそ青汁だという人もいるので、そこは好みの問題になってくるからです。

 

ただひとつ言えることは、無理なく飲み続けることができる青汁を選ぶ必要があるということです。

 

青汁は飲んだからといって、すぐ次の日に便秘が解消するといった即効性のあるものではありません。

 

長い間飲み続けることにより、徐々に体を健康にしていくものだからです。

 

ですので成分によってどの青汁にするのかを選ぶことも重要ではありますが、それ以上に無理なく飲み続けることができるのかということの方が重要になります。

 

何種類もの青汁を飲む比べた上で、一番好みに合ったものを選ぶといいでしょう。

便秘解消効果を期待できる青汁

 

一人暮らしをしてから便秘を繰り返すようになりました。今まで便秘になったことがなかったのに、どうしてかなと考えてみたのですが、食事のせいかなと思いました。

 

実家にいた時は料理好きの母が栄養バランスのとれた食事を作ってくれていました。

 

しかし一人暮らしをしてからは、野菜不足で、外食が続いたりコンビニ弁当を食べていたので、便秘になってしまったのかなと思ったんです。

 

そこで野菜不足解消と便秘予防のために、乳酸菌入りの青汁を購入しました。

 

便秘のせいで常にお腹がググっとはった状態で苦しく、何事にも集中できませんし、食欲もでません。

 

便秘が続くと次は下痢なので、便秘中に楽しく友人と遊びに行くことができませんでした。

 

しかし青汁を飲むようになって一週間ぐらい経つと、朝起きたらスッキリできるようになりました!すごく感動しました。

 

青汁の粉はサっと水に溶けるので忙しい朝でも安心して飲めます。

 

朝一番に冷たい水で青汁を作って飲むと、腸が活発に動くんですよね。

 

そのおかげで毎日お通じがあり、仕事中にもお腹のはりで苦しむことがなくなりました。

 

また肌がいつでもサラサラになりましたし、目覚めが良くて心身ともに健康になったなと喜んでいます。