便秘解消のための青汁の選び方

便秘解消のための青汁の選び方

便秘解消には食物繊維、食物繊維が多い食品といえば野菜というイメージがありませんか。

 

野菜は食物繊維が豊富な食品で、便通を促してくれます。

 

食物繊維を摂って便通をよくするために野菜をたくさん食べようと思っても、調理が面倒、忙しくて加工食品に頼ってしまう、仕事の都合で外食になるといったことがあると思います。

 

そんなときに役立つのが青汁です。青汁は野菜補給になり食物繊維も摂ることができます。

 

しかし、便秘を解消するなら選び方に気をつける必要があります。

 

どんなことに気をつけて選べばいいのでしょうか。

 

青汁には冷凍と粉末があります。

 

冷凍青汁は絞った青汁をそのまま冷凍しており、野菜の栄養をほぼそのまま維持しています。

 

粉末青汁は加工方法によって栄養が失われることがあります。

 

高温で処理すると熱に弱い栄養素が壊れてしまい、食物繊維も減少します。

 

食物繊維を摂取するために、購入の前に栄養成分表を見て食物繊維量を確認してください。

 

炭水化物とは糖質と食物繊維を合わせたもののことで、食物繊維量が記載されておらず、炭水化物のみの表示のこともあります。

 

食物繊維量が記載されていない場合は、メーカーに問い合わせてみるとよいでしょう。

 

便秘解消のためには続けることが大切です。

青汁を飲み始めてから体調が良いです

 

昔から虚弱体質で何かあるとすぐに体調を崩していました。

 

20代までは若さを武器に少々の体調不良でも仕事をこなしていましたが、歳を取るにつれて辛くなってきました。

 

流石にこれではいけないと思い何か対策をしようと模索していると、知人から青汁が虚弱体質に効果的と聞き試してみることにしました。

 

実はかなり前に一度だけ飲んだことがありました。

 

あまりの不味さに絶句し、その印象が強烈でそれ以降は飲むことがありませんでした。

 

味は不味くても体質が改善されるのであれば、そんなことを言っていられない状況なので、不味いのは覚悟で飲み始める決意をしました。

 

口に合わなくても、慣れてくれば何とかなるという思いもありました。

 

しかしそんなことは余計な心配でした。

 

普通にお茶を飲んで喉を潤すような感覚でグイグイ飲むことができました。

 

商品は日々進化していると実感しました。

 

お茶代わりで飲めるので苦痛は全くありません。

 

嬉しいのは味が改善されたことだけではありません。

 

胃腸が弱くで風邪が引きやすかった体質が大幅に改善してきました。

 

そして一番驚いたのが子供の頃から平熱がかなり低かったのですが、飲み始めて暫くすると1℃近く上がりました。

 

常にだるさを感じていたのも嘘のように改善されたのです。

 

青汁のおかげで体調が良くなり仕事もプライベートも充実しております。

 

これからも継続して飲み続け健康を維持していきたいです。